体験談 選手留学 長期


2018/19シーズン 契約選手

<氏名>高橋健也さん

 

<ポジション>アラ

 

<所属クラブ>La Union Santa Coloma トップチーム

 

<<体験談>>

Q.3inkfutsalを選んだきっかけ

A.もともとは自分の知り合いの紹介です。

その中でも3inkはフットサル留学をするなら絶対に適していると思います。

しっかりと入念なチーム選び、有名コーチの個人トレーニングも組み込めるし、フットサルのスペイン1部リーグ所属FCバルセロナの試合を見に行くこともできます。

結果として、僕はとても良い選択をしたと思っています。

 

Q.留学の感想

A.とても充実していました。

選手としての活動、選手以外でのフットボールに関わる活動、そして日常生活。

全てが僕の中でこれからも一生大切にしていきたい経験ばかりです。

上手くいったこと、上手くいかなかったこと、悩んだこと、楽しかったこと、驚いたこと、全ては自分で実際に行って肌で感じないと分からないことばかりでした。

多くの人に伝えていきたいような経験がたくさんできました。

 

Q.フットサルの活動について

A.僕SegundaB(全国3部)リーグというとても良い環境でプレーすることができました。

毎週の試合やトレーニング環境、フットサルや価値観の違いなど適応してそして示していかなければならないことがありました。

そのプレッシャーだったり、困難というのは僕は日本でプレーするものとは別物だと思います。

その部分の強さはスペインでプレーしたことで得ることができたものだと思うし今後の選手生活に大きな影響を与えるでしょう。

 

Q.語学学校について

A.僕にとって語学学校での経験はスペイン滞在中のフットサルと並ぶとても大切なものです。

語学学校で出来た世界各国の友人や語学のスキルは一生ものです。

フットサルをするためにスペインにいきましたが様々な国の友人の多様な価値観に触れて僕の中での考えも変わったし、日本やフットサル以外の様々な分野について勉強していこうというきっかけにもなりました。

 

Q.これから来る人に対するアドバイス

A.食生活は問題ないと思います。米もあるし、フルーツや野菜も安いので自炊もできます。

問題としては、住む場所です。

僕は運良く立地、家賃、ルームメートと恵まれましたが部屋探しは1つ生活の上でネックになると思います。(3inkfutsalでアドバイスして対処しております)

あとは日常生活で日本では全く想像もしないような出来事がかなり起こりますがそれも経験と思って楽しむことが大事です。笑

 

<氏名>中山寛康さん

 

<ポジション>ゴレイロ

 

<所属クラブ>Penya Esplugues トップチーム

<氏名>丹野芳樹さん

 

<ポジション>アラ

 

<所属クラブ>FS Sant Cugat B